酵素ダイエットのおすすめ方法

健康的でスッキリ痩せられるということで今大人気なのが、酵素ダイエットです。
ダイエットで心配なのは無理な食事制限や一つのものだけ食べ続けるといった極端な方法の果てのリバウンドではないでしょうか?
どんなに体重が減って見た目は痩せたとしても病気になってしまったり、体調を悪くしてダイエット前よりも太ってしまったというのでは意味がないため、酵素を活用したダイエットが大変注目されるようになっています。

酵素ダイエットのポイントはざっくりいうと、「基礎代謝アップ」して「摂取カロリーをセーブ」することにあります。そのためにおすすめしたいのが食事の置き換えです。
多くは朝食がわりに酵素ドリンクを飲むことによって少しずつダイエットを続けて行きます。例えば、
もちろん、昼食や夕食を置き換えてもかまいませんが、朝は食欲がない人も多く飲み物だけで済ませることも可能なので一番成功しやすいと考えられます。
まず、お好みの酵素ドリンクを用意してそれぞれの製品が指定している分量を朝食とします。
このとき、原液で飲み続けるよりも水や炭酸水のほか野菜ジュースやフルーツジュースで数倍に薄める人が大半です。
酵素ドリンクは栄養も酵素もたっぷりで一般の飲み物よりも満腹感を得やすいのでこれだけでも大丈夫ですが、どうしても空腹感がある人にはさらに豆乳を飲んだり、フルーツを少量取ると良いでしょう。

一食を置き換えるやり方がメジャーですが、ファスティング(断食)としてしっかりとダイエットに取り組みたい人なら一日の食事のうち二食または三食を短期間置き換えてみましょう。

基本的に固形物は取らないようにして酵素ドリンクのみとします。http://ほうれん草ダイエット.net
最初は空腹感を覚えやすいので、間食としてさらに酵素ドリンクを飲む回数を増やしても構いません。
酵素ドリンク自体はとても低カロリーなのでその点は安心です。
トライする日数は週末の2日間が基本で、プチ断食として体がスッキリしてくるので健康面でも大きな効果が期待できます。

 

 


ローフードダイエット

皆さんは、ローフードダイエットという言葉をご存知でしょうか。
この言葉は、アメリカの東海岸方面から発信された言葉です。

ローフードとは、英語でそのままを表現している「生の、新鮮な食物」と
いう意味で、食べ物を生のまま加熱や加工しないで摂取することで、
健康的に痩せられる体作りを目指していこうとするものです。

生の食材を食べると言う点においては、日本の和食の文化が結構当ては
まるのではないでしょうか?

魚類では、お刺身、お寿司がそれにあたりますし、酢のものや和え物を
見てみると、野菜も火を通すことなく生の状態で頂いていますよね。

今、アメリカの東海岸でブームになっている「ローフード」ですが、実は日本
では古来から実践されてきた食文化で、それが日本人の健康を支えてきたと
言ってもいいかもしれません。

実は、このローフードですが、特に腸の健康に大変役立つと考えられています。

ローフードに豊富に含まれている酵素は、腸に届くと消化酵素や代謝酵素に
いい影響を与えるため、腸内環境をキレイに保ってくれるのです。

酵素をたっぷりと含んだ酵素ドリンクが、健康的なダイエットに使われる理由
の一つには、生モノから摂取した酵素を中心とする豊富な栄養素をもとに、
腸内環境をよくすることで、体の奥から人間本来の元気を引き出そうとして
いるのです。

今、酵素ダイエットが流行っていますが、これは、酵素をたっぷり含んだ酵素
ドリンクを食事の代わりに置き換えていくことで消化酵素を補充し、腸内環境
を整え良くすることで、不要な物を排出して体内をリセットし、健康的な元気
のある体を作っていくことを意味します。

最近では、加熱・加工食品が中心となってきており、日本でも、生ものを摂取
する機会がどんどん少なくなってきているように思います。

酵素ドリンク等を摂取して、ローフードをもっと摂りれることが必要なように
思います。

 


酵素ドリンクの飲み方

年々高まる健康ブームの中で、いま大きな注目を集めている「酵素ドリンク」は、
手軽に酵素や栄養を補給できる優れた飲み物です。

私たちの健康維持に欠かせない潜在酵素を補うためだけでなく、この酵素の力を
利用して、短期集中のファスティングダイエットを行ったり、美容目的やデトックス
効果のために利用するなど、酵素ドリンクには計り知れないポテンシャルが秘め
られています。

そのため、最近では様々な企業・メーカーから、酵素ドリンク関連の商品がたくさん
発売されているようです。

しかし、中には酵素ドリンクが苦手な方がいることも事実です。

「一度、酵素ドリンクを試してみたけど、味が苦手で続けられなかった」という声も、
存在しています。

酵素ドリンクは、主に野菜や果物、海藻や野草といった食物を原料にしています。
ですから、原料だけを見ると、一般的な野菜ジュースと変わらないように思えるのです
が、やはり製造方法は野菜ジュースとは違うのです。

素材を発酵させて、酵素を抽出するという製法の関係上、酵素ドリンクには独特の味が
残ります。
また、多くの会社から販売されている酵素ドリンクは、概ねハチミツやココナッツミルク
などで甘めに作られたものが多いため、甘味が苦手な方にも、敬遠されがちです。

そこで、こういった酵素ドリンクの味が苦手な方にこそ、試して欲しいのが、酵素ドリンクに
ひと手間加える飲み方アレンジです。

例えば、酵素ドリンクに牛乳を入れると、発酵食品独特の匂いや特徴的な甘味も軽減され、
飲み口がマイルドになります。
また、お酒が好きな方は、酵素ドリンクにお酒を加えることで、ぐっと飲みやすくなるでしょう。

酵素ドリンクは、「加熱しない」というルールを守りさえすれば、大抵はどんなものとも
混ぜることができます。
あなたがお好きな飲み物と混ぜて飲むことで、原液をそのまま飲むよりも、飲みやすく、
酵素ドリンクを楽しめるようになるはずです。

もし「酵素ドリンクの味が苦手だな」と感じたら、是非一度、飲み方にアレンジを加えてみては
いかがでしょうか。

 


ベジライフ酵素液おススメの理由

去年は着られたはずの洋服が着れなくなってしまうと、かなりショックを受けてしまいますが、それで慌ててダイエットを初めても、なかなかうまくいかないことがほとんどです。

10代や20代といったまだ若い年齢の方なら、食事制限や断食を行ったり、ジョギングやヨガなどの運動をすることで、わりと簡単に体重を落とすことが出来ますが、30代が近づくと新陳代謝が衰え始めるので、次第に痩せにくい体質になってしまいます。

それに食事制限などで無理をすると、必要な栄養の不足により、深刻な肌トラブルが起きる可能性があるため、たとえ体重が落ちたとしても、実際の年齢より老けて見られる可能性もあります。
女性にとってそんな痩せ方は失敗でしかありませんから、美しい肌の状態はそのままで、体重だけ落としたいという方は、酵素ドリンクのベジライフ酵素液を使うようにしましょう。

ベジライフ酵素液おすすめの理由は、酵素のチカラで90種類の成分を発酵させた植物発酵エキスのおかげで、簡単にカロリーダウンすることが出来るうえ、必要な栄養もきちんと補給できるという点です。

酵素ドリンクは他にも色々ありますが、これを使って実際に痩せた方の口コミを見れば、この商品がどれだけ優れているか良くわかるはずです。

食事制限や断食はお腹がすくので途中で投げ出したくなってしまいますし、肌がガサガサになったり、湿疹や吹き出物が出来るのでかなりの確率で失敗することが多いですが、この酵素ドリンクなら、ジュースや炭酸と割ることで、毎日美味しく飲んで痩せることが出来ます。

美味しく痩せられるなら、置き換えダイエットも長く続けられますから、綺麗なままで体重だけを減らしたいという方はぜひ試すようにしてください。


酵素ドリンクを選ぶポイント

健康と美容に気を遣っている人は、必ずと言っていいほど、酵素ドリンクを飲んでいます。
その人たちは、酵素の働きをしっかりと認識しているからなのでしょう。
最近疲れやすくなった、体調が優れない、慢性的な便秘、肩こりや筋肉痛、頭痛、肌荒れ、太りやすくなった・・・そんな悩みを持っている人はには、是非試して頂きたい酵素ドリンクです。

酵素ドリンクは、多くの野菜、果物、野草、海藻類、きのこ類などの原料に、酵素を生み出す微生物(菌)を加えて、1年以上発酵・熟成させて製造された植物発酵エキスです。

酵素は、食べた物の消化・分解して、吸収された栄養素をもとに、体のあらゆるパーツを作り、呼吸、運動、代謝、免疫力や自然治癒力の強化など、あらゆる生命活動を司り、休む間もなく働いています。
しかし、体内酵素量には個人差があり、健康な体の人の体内には、十分な酵素で満たされていますが、暴飲暴食、偏った食事、悪い生活習慣、ストレスなどによって酵素量が少ない人もいます。
現代人は酵素不足の人が多いと言われていますから、酵素ドリンクで積極的に酵素を補給することが、美容と健康の秘訣だと思います。

そんな酵素ドリンクを選ぶ際のポイントは・・・

①原材料名を確認すること
どんな食品でも、商品のパッケージやラベルには必ず原材料名が記載してあります。
そして、その商品に多く含まれている順番で記載するルールになっているので、いちばん最初に記載された原材料から順に含有量が少なくなっています。
ですから、「植物発酵エキス」のみ記載されているドリンクか、1つ1つの原材料が記載されているドリンクを選びましょう。また、酵素の働きに必要なビタミンやミネラルが含まれた酵素ドリンクがおすすめです。

②原材料の種類を確認すること
酵素ドリンクには、数十種類から百種類以上もの原材料を使用したドリンクまで様々あります。
何種類以上のものが良いという基準はありませんが、原材料の種類が多ければ多いほど栄養価が高いので、原材料の種類も選ぶポイントになります。

③熟成期間
酵素ドリンクは発酵食品ですから、熟成期間が長ければ長いほど体に良い効果をもたらしてくれます。
熟成期間が長いと、酵素だけではなく、体に有効な乳酸菌、ミネラル、アミノ酸などの成分も発生するものです。最低でも2年以上の期間をかけてじっくりと熟成させた酵素ドリンクがおすすめです。

③味と価格
味の場合は、飲んでみないとわからない面はありますが、発酵食品であるため、独特の酸味はあります。
でも、どの酵素ドリンクも飲みやすい風味に仕上げてありますし、自分好みでジュースや炭酸などで割って飲むことができるので、それほど心配はないと思います。
価格に関しては、良質の原材料を使用してじっくりと熟成された酵素ドリンクは、それなりの効果も価値も高く、確かに価格は高いです。酵素ドリンクの内容をしっかり確認して、納得できるものを選んだらよいでしょう。